① リフレッシュパーク豊浦の菜の花
見頃:例年4月上旬
なだらかな山を背景に、約30万本の菜の花が一面に広がります。
春の陽気につつまれて、ピクニックや写真撮影はいかがでしょうか。

リフレッシュパーク豊浦の情報はこちら
www.japantimeline.jp/jp/yamaguchi/shimonoseki_city/refresh_park_toyoura

② 火の山公園の桜とチューリップ
桜の見頃:例年4月上旬
チューリップの見頃:例年4月上旬~4月中旬
関門海峡を一望できる火の山公園では、山麓から山頂(標高268m)までの広い範囲に約1,000本の桜が咲き誇ります。また、園内のトルコチューリップ園では、毎年市民が植えた約4万株のチューリップが花を咲かせます。時期によっては、桜とチューリップの共演をお楽しみいただくこともできます。

火の山公園の情報はこちら
www.japantimeline.jp/jp/yamaguchi/shimonoseki_city/hinoyama_park

③その他の桜スポット
桜(3月下旬~4月上旬)
国宝功山寺、日和山公園、長府庭園、老の山公園、戦場ヶ原公園、深坂自然の森、歌野川ダム周辺、多武の峰公園


タイムライン記事

  • 観光地 Thumb1 20190117140139
    山口県 下関市

    おすすめの花のスポット(春)

    ① リフレッシュパーク豊浦の菜の花 見頃:例年4月上旬 なだらかな山を背景に、約30万本の菜の花が一面に広がります。 春の陽気につつまれて、ピクニックや写真撮影はいかがでしょうか。 リフレッシュパーク豊浦の情報はこちら www.japantimeline.jp/jp/yamaguchi/shimonoseki_city/refresh_p...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20180330184740
    山口県 防府市

    防府天満宮御神木

    防府天満宮境内にはほぼ等間隔に並んでクスの巨木が3本あり、その中心をなす楠が御神木です。樹齢は推定で800年、幹周が5.6m、高さ27.5m、葉張36mの巨木は、樹勢・樹形とも美しく周防一の美楠といわれる姿を御覧いただけます。幕末の志士達をも見守っていたことでしょう。

    詳しく見る
  • その他 Thumb1 20180330164807
    山口県 防府市

    黒柏鶏

     天照大神の天の岩戸隠れの際、常世長鳴鳥を集めて鳴かせたのがこの黒柏で、その後、玉祖命(たまのおやのみこと)がこの鶏を連れて、ここ大崎に留まられたと言われています。羽毛は金属のような光沢を持つ緑紫黒色で、昭和26年(1951)に国の天然記念物に指定されました。

    詳しく見る
  • グルメ Thumb1 20180125090526
    山口県 下関市

    下関満関善席(下関オリジナルフルコース料理)

     下関には、ふぐ、うに、鯨、イカ、アンコウ、垢田トマト、安岡ネギ、下関和牛、吉田茄子など全国に誇れる食材や名産品が数多くあります。これら下関を代表するブランド食材を使用した身も心も満たされる最善の席(フルコース料理)、それが「下関満関善席」です。下関満関善席は、一定の条件を満たし、認定審査に合格した店舗でのみ味わうことができます。  海の幸・山の幸が...

    詳しく見る
  • グルメ Thumb1 20170316170054
    山口県 萩市

    萩温泉郷

    日本の旅で欠かせないものの1つに温泉があります。萩市にも、萩温泉郷があります。2004年に掘削された「はぎ温泉」により、萩は「温泉郷」となりました。8つの泉質があり、宿泊のお客様以外でも、気軽に日帰り入浴を楽しめる施設もあります。市内散策の後には、ゆったりと温泉につかって旅の疲れを癒しながら、極上の時間をお楽しみください。

    詳しく見る
  • グルメ Thumb1 20170316164417
    山口県 萩市

    はぎ御膳

    地元料理人が各々の感性で、自分達が愛する萩を料理で表現。
「直前料理」「おざなりにしない」「鮮度のある仕事」を徹底し、産地だからこそ出来る鮮度の良い素材を生かし、和食文化を感じとることのできる維新胎動の地・萩だからこそできる「一つ先の新しい料理」を追求します。
また、御膳の器は萩焼、萩ガラスなどを使用しています。

    詳しく見る
関連するタイムライン記事はありません。
関連するタイムライン記事はありません。
  • イベント Thumb1 20171225133715
    山口県 下関市

    城下町長府ひなまつり

     江戸時代に城下町として栄えた長府には、今でも土塀や武家屋敷などが残り、城下町の趣を感じることができます。  その城下町長府で、毎年2月上旬から3月上旬にかけて、「城下町長府ひな祭り」が開催されます。豪華なおひな様やつるし飾りが街を華やかに彩ります。また、下関ならではのふぐをモチーフとした「幸ふく雛」など、長府一帯の各施設が趣向を凝らした展示を行うほ...

    詳しく見る
  • イベント Thumb1 20170327110223
    山口県 下関市

    日本初のホタル舟、運行!ホタル祭りも開催されます。

    下関市豊田町では、日本初のホタル舟の運行が行われます! 豊田町は、下関市内にある山里で、自然が豊かな町です。 この町で、初夏の風物詩として親しまれているのが、木屋川(こやがわ)のホタルです。 数千匹のホタルが舞いその光が水面に映し出される中、舟は進みます。幻想的な時間を過ごせることでしょう。 運行は約25分間。1日9便運行されます。(1...

    詳しく見る
  • イベント Thumb1 20170316174830
    山口県 萩市

    萩・夏みかんまつり…2017年5月中旬

    城下町の白壁や武家屋敷の土塀からのぞく夏みかんは、その時代の名残とともに萩の情緒を感じさせる風景となっています。 5月上旬~中旬頃には、白い小さな花が咲き誇り、まちじゅうが甘い香りに包まれます。 萩城下町の夏みかんの花のかおりは、環境省選定「かおり風景100選」(平成13年11月認定)に山口県で唯一選ばれています。 「萩・夏みかんまつり」は、萩の...

    詳しく見る
  • 交通 Thumb1 20171218181921
    山口県 下関市

    〇〇のはなし(JR西日本観光列車)

     本州最西端に位置し、響灘や日本海に面するJR山陰線は、心奪われる美しい海岸線が続きます。この魅力を最大限に満喫できる観光列車「〇〇のはなし」が2017年8月に運行開始しました!山口県(萩・長門・下関)は日本と西洋を引き合わせるきっかけとなった歴史が息づくことから、この列車の内装は「西洋に憧れた日本(洋)、西洋が憧れる日本(和)」をコンセプトに2両別々...

    詳しく見る
  • 特産 Thumb1 20161101151531
    山口県 萩市

    萩焼

    萩焼は慶長9年(1604)に長州藩の藩主である毛利輝元の命により、朝鮮人の陶器職人である李勺光(り しゃくこう)、李敬(り けい)の兄弟が城下で御用窯(献上品を焼くためだけに作られた窯のこと)を築いたのが始まりとされています。 登り窯の中で、高温の炎が生み出す「窯変(ようへん)」の魅力。 使いこまれるうちに、侘びた味を醸してゆく「七化け」の面白さ―...

    詳しく見る