ポイントでおすすめ法人カード3選。高還元率のポイントによる売上増

man
「ポイントが貯まりやすい法人カードはどれですか?」
「ポイント還元率の高い法人カードを教えてください。」
「ポイントの貯まりやすさでおすすめの法人カードはありますか?」

個人向けのクレジットカードよりも、カード利用額が高額になりやすい法人カードでは、ポイント還元率も重要な法人カード選びの要素となります。ポイント還元率の高い法人カードを使うだけで、年間数万円もの売上を上げることも可能になります。今回は、高還元率のポイントによる売上増が見込めるおすすめ
法人カードを紹介します。

ポイントでおすすめ法人カードを選ぶ基準

1.ポイント還元率と年会費のコストパフォーマンスで選ぶ

単純に「ポイントの貯まりやすさ」「ポイント還元率の高さ」で法人カードを選んでしまうと、損をしてしまうことも少なくありません。

ポイント還元率が1.5%と高還元率であったとしても、年会費が10万円であれば、元も子もないからです。

「年会費が無料もしくは格安で、ポイント還元率が高い」コストパフォーマンスが高い法人カードを選ぶ必要があるのです。

2.ベースのポイント還元率で比較する

法人カードのポイントには

  • どこで使っても貯まるポイントのポイント還元率
  • 特定の店舗で使った時に貯まるポイントのポイント還元率
  • 特定の条件で使った時に貯まるポイントのポイント還元率

があります。

重要なのは

どこで使っても貯まるポイントのポイント還元率 = ベースとなるポイント還元率

です。

法人カードは、会社の経費支払いで、いろいろな状況、店舗で利用することになります。

一部の店舗、一部の支払い(交通費、ホテル代、飲食代)、一部の条件(年間○○万円超の利用)でだけ、高いポイント還元率が付与されても、全体で見ると、ポイント還元率は下がってしまい、ポイントが貯まりやすい法人カードとは言えないのです。

あくまでも、ベースのポイント還元率が高い法人カードを選ぶべきです。

その上で、よく利用する店舗でのポイント倍増特典が手厚い場合には、プラスの評価として判断すべきです。

3.キャッシュバックできるポイントが付与される法人カードがおすすめ

個人向けのクレジットカードであれば、ポイントで日常の買い物を使ったり、家電を買ったり、旅行に行ったり、食事をしたり、いろいろな使い道の選択肢がありますが、法人・ビジネス利用では、ポイントの使い道は、結構迷ってしまうものです。

「会社で使うもの」という条件がプラスされるため、ポイントをうまく使いきれない方が少なくありません。

法人カードのポイントを法人利用でうまく使う手段というのは「キャッシュバック」です。「キャッシュバック」であれば、直接カード利用額からキャッシュバック分を割引した形で引き落としが発生するので、直接的な経費削減となります。

ポイントの使い道に迷う必要もなく、ポイントを有効に使える「キャッシュバック」が利用できる法人カードをおすすめします。

ポイントでおすすめ法人カード

NTTファイナンス Bizカード レギュラー

国際ブランドVISA
初年度年会費(税込)0円
2年目~年会費(税込)0円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法-
-
-
  • 年会費:永年無料
  • ポイント還元率:1.0%
  • キャッシュバック:可(10,000ポイント = 10,000円分)
  • ポイント倍増特典:なし

おすすめの理由

年会費:永年無料でありながら、ポイント還元率1.0%という高還元率を実現しているコストパフォーマンスが抜群の法人カードです。

Visaブランドなので、使わないお店もほぼありません。しかも、同率でキャッシュバックが可能ですので、ポイントを上手に使いきることが可能です。

法人カードにコストをかけたくないけれども、ポイントを貯めたい経営者におすすめの法人カードです。
デメリットは、キャッシュバックの交換が10,000ポイントからという点です。

Airカード

国際ブランドJCB
初年度年会費(税込)5,500円
2年目~年会費(税込)5,500円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本1.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●リクルートサービス
ポンパレモール:3.0%
じゃらん:2.0%
ホッテペッパー:人数×50ポイント
【年会費特典】初年度年会費無料
-
  • 年会費:5,500円
  • ポイント還元率:1.5%
  • キャッシュバック:不可
  • ポイント倍増特典:じゃらん、ポンパレモール

おすすめの理由

ポイント還元率:1.5%というのは、法人カードの中でも、1位、2位を争うポイント還元率の高さです。

また、じゃらんやポンパレモールなどのリクルートのサービスでポイント倍増があり、ポイントを貯めることだけに特化した法人カードとなっています。

ポイント還元率で見れば、かなりおすすめの法人カードです。
デメリットは、年会費が5,500円と一般カードの中では高めの年会費設定となっている点です。

楽天ビジネスカード

国際ブランドVISA
初年度年会費(税込)13,200円
2年目~年会費(税込)13,200円
年会費優遇条件※楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードはセットで発行
ポイント還元率/基本1.00%
ポイント還元率/上限7.00%
ポイント倍増方法●楽天市場
ポイント:+4.0%

●選べるサービス
(楽天市場、楽天トラベル、Rakuten TV、楽天ブックス)
ポイント:+1.0%

●お誕生月
ポイント:+1.0%
-
【新規入会】3,000円分のポイント
  • 年会費:13,200円
  • ポイント還元率:1.0%
  • キャッシュバック:不可
  • ポイント倍増特典:楽天市場、楽天関連サービス

おすすめの理由

楽天ビジネスカードは

「楽天プレミアムカード」の追加カードとして「楽天ビジネスカード」を発行する仕組みの法人カードです。

通常時のポイント還元率は、1.0%ですが

  • 楽天市場での買い物:5.0%
  • 誕生日月:+1.0%
  • 楽天市場コースの選択:+1.0%

合計:7.0%のポイントが貯まる計算になります。

楽天市場の利用機会が多い経営者の方であれば、ポイント還元率最大7.0%で利用できる分、大きなコスト削減につながるのです。
デメリットは、楽天市場での利用が前提になるため、Amazon.co.jpや他の店舗でのカード利用が多い方にとっては、年会費の高さのデメリットのみが強調されてしまうため、おすすめできない点です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です