佐賀県を代表する伝承芸能、面浮立。「五穀豊穣」、「雨乞祈願」には欠かせない神事として、鬼の面を被った踊り手が太鼓や鉦(かね)に合わせて勇壮に踊ります。鹿島市は佐賀県でも最も多く伝承芸能が残るエリアで、毎年、この時期に鹿島市内外の約10団体が一堂に会してその舞を披露します。
場所は、日本三大稲荷神社のひとつ「祐徳稲荷神社」。荘厳な佇まいのなかで行われるフェスティバルは圧巻です。観覧無料。
日時:9月
場所:祐徳稲荷神社
問:鹿島市商工観光課 0954-63-3412