ひがしこうち旅 のタイムライン記事

  • グルメ Thumb1 20190205195621
    高知県 ひがしこうち旅

    高知ゆずの国食遍路

    かつて塩を買うことができず、味噌も醤油も作ることができなかった山の農民たちのために、高知県東部出身の幕末志士・中岡慎太郎が栽培を進めていった”ゆず”。いまや高知県東部は日本一のゆずの生産地になりました。人々の食卓に欠かせないものが、そんな柚子をギューッと搾ってできた100%天然の果汁「ゆのす」です。そのさわやかな味と香りは、どんな料理にもぴったり。いわ...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20190205135834
    高知県 ひがしこうち旅

    空と海と大地が一つになる場所、室戸ユネスコ世界ジオパーク

    室戸市は、四国で唯一の「ユネスコ世界ジオパーク」として、地質遺産の価値を世界的に認められた場所。大地が隆起するダイナミックな地殻変動の様子を間近に観察でき、そこで暮らしてきた人々の知恵や工夫が街のあちこちに点在しています。そんなジオパークの魅力をより深く知るならガイドツアーがお勧めです。室戸ジオパークは、地震とともに大地が成長する姿の典型です。変動する...

    詳しく見る
  • 体験 Thumb1 20190130211404
    高知県 ひがしこうち旅

    運転体験もできる!魚梁瀬(やなせ)丸山公園での森林鉄道乗車体験

     魚梁瀬は、馬路村北部に位置し、温暖な気候と年間4000mmを超える降水量により、魚梁瀬杉という良質の杉が育ちます。  かつては、魚梁瀬杉を搬出するため、魚梁瀬から奈半利川と安田川流域にかけて西日本最大の森林鉄道が走っていました。  魚梁瀬森林鉄道は、木材だけでなく、人や野菜、魚などの食料品も運び、村民に親しまれてきました。しかし、1960年代前半...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20181228203216
    高知県 ひがしこうち旅

    太平洋を一望できる美しき浜「琴ヶ浜」

    高知県芸西村が誇る名所「琴ヶ浜」。太平洋の海水と和食川が対面して形成され、東西約4kmに渡って砂浜が続いています。海上から眺める風景が、弦楽器の琴の胴にも似ていることや、打ち返す波によって、海中の砂が転がり琴の音のように響くことから「琴ヶ浜」と名付けられました。長い海岸線には数万本もの松が美しく丈を揃え、中には樹齢300~500年の老樹もあります。「...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20181228201211
    高知県 ひがしこうち旅

    安芸市の時を刻んだシンボル「野良時計」

      「野良時計」は高知県安芸市にある時計台で安芸平野のほぼ中央に位置し、安芸市の観光名所の一つとなっています。  まだ家々に時計がなかった明治20年(西暦1887)頃、土居村(当時)の大地主の息子として生まれた畠中源馬氏は、畠中家の台所にかかっていたアメリカ製の八角中の掛け時計に興味を持ちます。源馬氏はその掛け時計を自ら分解、組み立てを繰り返し、時...

    詳しく見る
  • 宿泊施設 Thumb1 20181228111550
    高知県 ひがしこうち旅

    大自然に囲まれた北川村温泉で心身とも温まりませんか

     北川村温泉 ゆずの宿は、高知県東部の国道55号から車で20分ほど山道をのぼっていった場所にある、自然に囲まれた温泉宿です。80年以上前から知られていた源泉は、お湯の手触りが良く、肌がつるつるする美肌の湯として親しまれてきました。  2018年6月、国内初の新建材CLT工法で建設された温泉施設としてリニューアルされました。北川村産材がふんだんに使われ...

    詳しく見る
  • イベント Thumb1 20181228101110
    高知県 ひがしこうち旅

    日本の伝統行事雛まつりを趣ある建物で満喫しませんか

     高知県東部の7市町村(安芸市、室戸市、安田町、田野町、奈半利町、北川村、馬路村)で、2019年2月28日から3月3日までの4日間、「土佐の町家雛まつり」が開催されます。このイベントは、登録有形文化財に指定されている建物が多く残る東部地域を日本の伝統行事「雛まつり」とともに楽しんでもらうものです。  期間中は、趣ある古民家や商家がイベント会場となり、...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20181219181316
    高知県 ひがしこうち旅

    日本の懐かしい風景が残る【吉良川の街並み】

    国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された室戸市吉良川は、日本を代表する良質な備長炭を産出し、明治中期から昭和にかけて特産の「土佐備長炭」の交易で栄えた場所です。街道沿いには、明治期に建てられた漆喰壁の商家や、「土佐漆喰」の白壁に水切り瓦が施された蔵が立ち並び、日本の懐かしい風景を今に残しています。 台風常襲地として風雨から家を守るために、河原石や浜...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20181219135238
    高知県 ひがしこうち旅

    【だるま夕日】高知の自然がもたらす20秒間の奇跡

    高知県東部の海岸線では、海に沈む太陽が雪だるまのような形に見えることがあります。これは、海面の海水温と大気の温度差により、水蒸気に光が屈折しておこる自然現象で、「だるま夕日」と呼ばれています。見える時期は、9月中旬から翌年5月上旬にかけて。しかし、いくつかの条件が揃ってはじて見える自然現象であるため、地元の人でも、めったに見ることはできません。 「だ...

    詳しく見る
  • 観光地 Thumb1 20181210200835
    高知県 ひがしこうち旅

    日本遺産 森林鉄道から日本一のゆずロードへ

    ストーリー 南国土佐の東に位置する中芸地域。かつて西日本最大の森林鉄道が駆け巡った中芸は、林業に代わる産業としてゆず栽培に力を注ぎ、今や日本一の生産量を誇っている。 木材を運んだ森林鉄道の軌道は、ゆず畑の風景広がる「ゆずロード」に生まれ変わったのである。川沿いや山間に広がるゆず畑を、小さくかわいい白い花、深く鮮やかな緑の葉、熟すとともに濃くなる黄色の...

    詳しく見る
  • グルメ Thumb1 20190205195621
    高知県 ひがしこうち旅

    高知ゆずの国食遍路

    かつて塩を買うことができず、味噌も醤油も作ることができなかった山の農民たちのために、高知県東部出身の幕末志士・中岡慎太郎が栽培を進めていった”ゆず”。いまや高知県東部は日本一のゆずの生産地になりました。人々の食卓に欠かせないものが、そんな柚子をギューッと搾ってできた100%天然の果汁「ゆのす」です。そのさわやかな味と香りは、どんな料理にもぴったり。いわ...

    詳しく見る
  • 宿泊施設 Thumb1 20181228111550
    高知県 ひがしこうち旅

    大自然に囲まれた北川村温泉で心身とも温まりませんか

     北川村温泉 ゆずの宿は、高知県東部の国道55号から車で20分ほど山道をのぼっていった場所にある、自然に囲まれた温泉宿です。80年以上前から知られていた源泉は、お湯の手触りが良く、肌がつるつるする美肌の湯として親しまれてきました。  2018年6月、国内初の新建材CLT工法で建設された温泉施設としてリニューアルされました。北川村産材がふんだんに使われ...

    詳しく見る
関連するタイムライン記事はありません。
  • イベント Thumb1 20181228101110
    高知県 ひがしこうち旅

    日本の伝統行事雛まつりを趣ある建物で満喫しませんか

     高知県東部の7市町村(安芸市、室戸市、安田町、田野町、奈半利町、北川村、馬路村)で、2019年2月28日から3月3日までの4日間、「土佐の町家雛まつり」が開催されます。このイベントは、登録有形文化財に指定されている建物が多く残る東部地域を日本の伝統行事「雛まつり」とともに楽しんでもらうものです。  期間中は、趣ある古民家や商家がイベント会場となり、...

    詳しく見る
  • 交通 Thumb1 20181121181602
    高知県 ひがしこうち旅

    日本最後のローカル新線【ごめん・なはり線】

    土佐くろしお鉄道【ごめん・なはり線】は、碧く雄大な太平洋を独り占めする鉄道です!高知東海岸沿いに42.7㎞全20駅。土佐湾沿いを走る列車の大きい車窓いっぱいに碧い太平洋が広がり、雄大な海の姿に圧倒されます。さらにのどかな田園風景や緑豊かな山々を眺めることができ区間ごとに変化する景観を楽しむことができます。すべての駅でアンパンマンの作者やなせたかし氏が考...

    詳しく見る
関連するタイムライン記事はありません。

お祭りが登録されていません。

無料写真素材