法人カードおすすめの選び方とおすすめ法人カードランキング

法人カードおすすめの選び方

法人カードを選ぶポイントには

  1. コストパフォーマンスの高い法人カードを選ぶ
  2. ハイスペックなステイタス性の高い法人カードを選ぶ
  3. 目的に合った法人カードを選ぶ

という大きく分けて3つの選択肢があります。

コストパフォーマンスの高い法人カードを選ぶ

コストパフォーマンスの高い法人カードとは

安い保有コストで、ポイントやマイル、キャッシュバックなど金銭的なメリットが大きい法人カードのこと

を言います。

  • 法人カードで発生するコスト:年会費
  • 法人カードで発生する金銭的メリット:ポイント、マイル、キャッシュバック、割引

があり、

コスト負担が少なく、金銭的メリットが大きい法人カードを使うことで、経営上も「コスト削減」「売上増(雑所得の増加)」が実現し、多少なりとも、経営数字の改善に清してもらえるのです。

「コストパフォーマンスが高い法人カード」を選ぶのは、法人カードを選ぶ中で、非常に需要なポイントと言えます。

ハイスペックなステイタス性の高い法人カードを選ぶ

ハイスペックなステイタス性の高い法人カードとは

ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードやアメックスやダイナースの法人カードのこと

を言います。

年会費は数万円と高い反面

  • コンシェルジュ・デスク
  • 海外空港ラウンジ
  • 海外旅行傷害保険
  • 航空機遅延保険
  • 海外旅行傷害保険の家族特約
  • 2名以上の利用で1名分のコース料理が無料になるレストラン優待
  • ホテルの無料アップグレード
  • ホテルで使えるクレジット
  • ビジネスラウンジ

など、高いレベルのサービスが受けられる特徴があります。

また、これらのハイスペックなステイタス性の高い法人カードは

一定レベルの社会的信用がある方に発行されるもの

ですから

持っているだけで対外的な信用が増やせるメリットがあります。
  • 取引先から「信用に足る人」というイメージを与える
  • 社員から「こういう人になりたい」というイメージを与える
  • 交際相手や配偶者から「頼りになる」というイメージを与える

ハイスペックなステイタス性の高い法人カードを使うことで、商談が一件でもまとまれば、社員のモチベーションが上がれば、ポイントやマイルと比べられない大きなメリットが発生します。

このような効果を期待したい経営者にとってはらえるのです。

「ハイスペックなステイタス性の高い法人カード」を選ぶのは、法人カードを選ぶ中で、非常に需要なポイントと言えます。

目的に合った法人カードを選ぶ

コストパフォーマンスとハイスペック以外にも、法人カードを持つ目的があるケースがあります。その場合は、個別の目的に応じて法人カードを選ぶ必要があります。

審査の甘い法人カードを選ぶ

法人カードの審査は、個人のクレジットカード審査よりも、かなり厳しく設定されています。そのため、法人カード審査に落ちてしまう、法人カード審査に通らない方は、審査の甘い法人カードを選ぶことで、法人カード作ることができるのです。

法人ETCカードで選ぶ

法人カード自体が目的ではなく、法人が使えるETCカード「法人ETCカード」を目的として、法人カードを選ぶ方法もあります。法人ETCカードを複数枚必要な場合は、複数枚の法人ETCカードが発行できる法人カードを選ぶ必要があります。

即日発行の法人カードで選ぶ

法人カードは、ものによっては、申し込みから1カ月後、2カ月後に発行されるものがあります。すぐに法人カードを使いたい場合は、即日発行が可能な法人カード、数日で発行できる法人カードを選ぶ必要があります。

個人カードと法人カードがセットで作れる法人カードを選ぶ

同じクレジットカードで、個人向けのクレジットカード、法人カードの両方を発行できるものがあります。プライベートの利用とビジネス用の利用を使い分けられるメリットがあります。